簿記3級の資格を取っていて損はない

自分自身のスキルアップのために資格を取得する大人が増えてきています。

 

特に簿記3級は年間25万人もの人が受験する大人気の資格であり、経理事務の仕事ができるようになるだけでなく、自営業であれば経営状況を把握することができますし、家計の見直しや設計などもスムーズに行うことができるので、子育てが一段落した主婦などにも人気があります。

 

簿記3級の資格を取得するメリットとしては、正しく帳簿を付けることができるという点があります。

 

特に自営業などの個人事業の場合には、正しく帳簿を付けることができれば、毎年3月に行われる確定申告の、青色申告特別控除を受けることができ、最大65万円も戻ってくるのです。

 

また出費や費用、収益などを意識するようになるので、ムダ買いなどが減り、節約傾向にすることができると言われています。

 

 

受験資格は一切制限がなく、国籍や年齢、学歴、実務経験などを一切問わないので誰でも受験することができます。

 

簿記3級は一般記帳者レベルの能力があれば、合格できるので、難易度は決して高くはないでしょう。

 

また基本的な会計処理や機長、決算などを行うことができるようになるので、計数感覚を身に着けたい人や、自分自身のスキルアップを目指している人にはピッたりの資格と言えるでしょう。

 

また企業の経理や会計担当の人であれば、絶対に持っておいた方がよいでしょう。

 

学習方法としては、全体の学習量を把握しながら、ムダないペースで勉強していくことが大切です。

 

マイペースに行えるのであれば、独学や書籍での学習がよいでしょうし、スケジュールを立てるのが面倒な場合や、確実に知識として身につけたいと言った場合には通信講座の学習がよいでしょう。

簿記3級の資格を取る講座